こんにちは!

お久しぶりの投稿となります。
先日から出張で珍しくあちらこちらへ行ってきたので
更新していこうと思います!

まずは、タイトルにもあるように新宿高野さんへ
フルーツカルチャー教室というものへ参加してきました。

新宿高野といえばフルーツの小売の大手老舗の会社さんです。
数年前からのつながりがあり、今回の教室が実現しました。
フルーツについてお客様に話ができるように、
素材の特徴を理解するという目的のもと、
弊社のためにオリジナルで開催していただきました。感謝です。
新宿高野様本当にありがとうございます。

まずは初回ということで新宿と新宿高野様の成り立ちを
時系列に沿って説明してくださいました。
新宿が今のにぎやかさとは正反対のような何もない土地だった頃から、
鉄道の駅ができ、発展していく様子を新宿高野様の会社の変遷とともに聞いていくと、
新宿という土地と一緒に新宿高野が発展してきていることがわかりました。
そして今レストランでもメニューとして出されている
いちごのプロテインジュースを試飲
スポーツとのコラボという新たな取り組みだそうで、
健康志向が高まる世の中にはぴったりの商品だと感じました。



そして本題のフルーツ講義。今回のテーマは「いちご」
いちごといっても現在は様々な品種があり、いちごという名前ではなく
品種や産地で選ばれる時代になってきているそうです。



6種類のいちごを食べ比べてみましたが、どれもおいしい!
甘みが強いもの、程よい酸味があるもの
色が白いもの、中の果肉まで真っ赤なもの、等々
それぞれにおいしさの特徴があるのが興味深かったです。

また、消費者も○○産の○○(品種)というような選び方をするのだそうです。
私は正直品種や産地まで意識して購入したことがなかったので、
今はそれだけ品種が消費者にも認知されてきており、
それに伴い個人の好みがはっきりしてきていることを食べ比べで感じました。
いちごの栄養価として、キシリトール成分が含まれていることもここで初めて知りました。
ご存じの方、いらっしゃいました?まだまだ知らないことだらけです・・・

そして、テレビにもよく出演するという森山チーフが登場。
いちごのカッティング技術を実演していただきました。
目の前であっという間に行われるカッティングに一同くぎ付けでした!


そのカッティング技術で切ったいちごがのったパフェが出てきたときには
大歓声でした (笑)



という盛り沢山な内容で、大満足の教室でした。
何よりもおいしいフルーツをおいしい食べ方で食べてもらいたいという
新宿高野の方々の姿勢に非常に感銘を受けました。
次回以降も旬のフルーツについて開催予定で動いていますので
またブログも更新したいと思います。

非常に貴重な時間でした。
これを機に私たちが扱う素材についてより理解を深めていけたらと思います。


そして、、ご案内が遅くなり申し訳ないのですが
12日から開催予定のFOODTABLEにも出展いたします。
詳しくは展示会情報をご覧ください。

展示会出展情報

弊社の商品である素材にこだわったかき氷シロップ「生シロップ」、
信州の豊かな自然にはぐくまれた深層天然水でつくった氷「純氷」
純氷をふわふわにかき、フルーツ感たっぷりの生シロップをかけた
かき氷のご試食もできます。シロップもたくさんの味をご用意。
あなたのお気に入りもきっとみつかりますよ(^^)
ご来場を心よりお待ちしております。

 

********************

お問い合わせ先

松尾電話番号 メール説明 メール sitelink2 BtoB